体毛の濃さは、風土も大きく影響してくることになります。
まず、寒い地域の場合、外の気温も低く雪が降りやすくなってきますし、空気に含まれている水分も凍りやすくなってきます。
この状態で毛が多く生えていると、毛に凍った水分が付着してしまい、体温を奪う原因となってしまうのです。


女性-和01
体の温度を最善に保つために、寒い地域では毛が薄い方が多くなっているのです。
逆に、暑い地域の場合、気温もそれほど下がることはありませんので、毛があっても特に健康上問題になることはありません。
また、暑い地域の場合空気が乾燥していたり、気温によっては土も乾きやすく風に乗って土が舞い上がるのですが、毛があることで空気中に存在する細菌や砂の粒子をキャッチすることができ、肺をはじめとする臓器にダメージを与えずに済むのです。
毛の濃さについては、風土に関係して濃くなったり薄くなったりする特徴が存在しています。
ただし、北欧に住んでいるヨーロッパ人の場合、毛が濃い方も多くなっているなど、必ずしもこの関係にあてはまっているわけではありません。
気候によって毛の濃さが決まるわけではなく、民族や人種の特徴が気候の影響を超えて現れることもあり得るのです。