毛嚢炎

| 未分類 |

最近お肌に小さくて赤いニキビのようなものが、たくさんできるようになったと感じたことはないでしょうか。
赤い炎症の中央に白い膿が溜まっていることからも、そのできものがニキビだと思ってしまう人も多いと思います。
しかしその炎症は、ニキビではなく毛嚢炎という病気かもしれません。


これは皮膚の病気であり、ぶどう球菌というお肌の常在菌によって引き起こされるものです。
毛包という毛穴の中に傷がつき、その傷にぶどう球菌が入り込むことによってこの病気は発症します。
主な原因として考えられるのは、むだ毛処理のため毛を剃ったり抜いたりする過程の中でカミソリの刃によって傷ができてしまい、そこから菌が入ってしまうということです。
他にも食生活の乱れやストレスによるもの、ステロイド剤によって引き起こされるものなどがあります。
また汗をかいて長時間にわたり湿った状態になると、よりぶどう球菌が入りやすいことがわかっています。
そのため、一年を通してたくさん汗をかく夏の季節に多く見られる皮膚の病気です。
比較的軽い場合は、痒みや痛みといった症状もなく自然治癒するのが一般的です。
しかし重度の場合は、炎症が悪化して化膿したり熱や痛みといった症状が現れるといわれています。
そのような状態になってしまった際には、皮膚科で化膿止めの薬を処方してもらうようにしましょう。