ホルモン分泌量

| 未分類 |

体毛が濃い人と薄い人がいますよね。なぜ同じ人間なのに違いが出るのでしょうか。一説にホルモンが関係していると言われています。
男性ホルモンのテストステロンは、毛の元となる毛母細胞の働きを活性化すると言われています。男性ホルモンや女性ホルモンというと、それぞれ男性、女性にしかないものと思われがちですが、男性にも女性ホルモンが、女性にも男性ホルモンがそれぞれあって、きちんとした役割を果たしているのです。
女性にも男性の10分の1から20分の1程度のテストステロンが分泌されているのですが、この分泌量が増えることで、ムダ毛が濃くなることがあるのです。


男性ホルモンのテストステロンのホルモン分泌量を増やす要因の一つが食事です。牛肉や豚肉の赤身、ニンニク、ニラ、長ネギ、ブロッコリー、カリフラワー、牡蠣などを摂取しすぎると、テストステロンの分泌が増えることがあるのです。また、塩分の摂り過ぎも、メラニンを発生させ、毛が濃くなったり、肌がガサガサになることがあります。それに、糖分の摂り過ぎもいけません。インスリンが過剰に分泌されると男性ホルモンのアンドロゲンの分泌が促進され、結果として毛深くなることがあるようです。